河北新報記者の門田一徳さんの著書

『農業大国アメリカで広がる「小さな農業」

進化する産直スタイル「CSA」』

が2019年5月20日に出版されました。

おめでとうございます。

P.107~109 に、つくば飯野農園の事例も紹介されています。

門田記者はアメリカのCSAを専門に研究しています。

つくば飯野農園の考え方・やり方は、まさにアメリカ式。

門田記者とは共感する点が多く、びっくり!

CSAの魅力について彼と話をすると、とてもワクワクします。

本の中で、つくば飯野農園のホームページに

CSAのメリットや運営ポイントを細かく記載したレポート

「経営モデルとしてのCSA(地域支援型農業)」がアップされていると

紹介してあります。

そのレポートと新聞連載記事をここに載せますね。

①「経営モデルとしてのCSA(地域支援型農業)」

CSAについてのプレゼン資料です。

②「新聞連載記事」

2017年秋に全国農業新聞に8回連載したゼミナール記事です。

「PDFはこちら」をクリックしてご覧ください。

CSAとは、幸せに生きていくために皆がゆる~くつながり、

食と農を通してまちづくりをしていく楽しい仕組みです。

聞きたいことがあれば、いつでもご連絡くださいね!

つくば飯野農園

飯野 信行・恵理

tsukuba-iinonouen@ezweb.ne.jp