固定種や有機野菜のことならCSA地域支援型農業の導入事例農家【つくば飯野農園】へ|CSA実践塾

CSA実践塾

CSA(地域支援型農業)についてもっと詳しく解説します

  • CSAとは、「支え合い・助け合いの農業と地域社会」
CSAとは、「支え合い・助け合いの農業と地域社会」
今の日本社会は豊かだとよく言う。
たくさんの食べものに溢れ、インフラも整っていて、日常生活に困ることは殆どない。

でも日本の食糧自給率は低くて、外国からたくさんの食べものを輸入している。
たくさん食べものがあって、いっぱい捨てている。食糧廃棄率は世界一らしい。

いま私は、自分のキャパオーバーなくらい大量の野菜を作らないと農家として生きていけないのか?という疑問にぶつかっている。

広大な畑を借りて、とにかくたーくさん野菜を作って、安いけれどたーくさん流して、そうすればお金は得られる。
でもどこの誰が食べるかも知らず、野菜の行方も知らず、どこかで廃棄されているかもしれない。

たーくさん作るためには、トラクターや収穫機・洗浄機・選別機など、やたら高い農業機械や、でかい温室(ビニールハウス)を何棟も何棟も建てなきゃいけない。
そんな風に何百万も何千万も借金をして、それで大量生産しないといけないのか?

そしてその返済のために生きていくのか?
私も今、農業生産のため、数百万円の借金をしているが、私は正直この生活を楽しいとは思えない。


大量生産・大量消費はもうヤダ。

豊かさって何だろう?


私は最近「捨てないパン屋」さんのブログや、「健康のすすめ」というブログを好んで読んでいる。
物事の本質を考えさせられる。まだ知らない方はぜひ読んでもらいたい。

さて、そんな悩みの一つの解決方法として、このCSA-Community Supported Agriculture(地域支援型農業)が有効なのではないかと思える。

たくさんモノが溢れていて、いつでも欲しいときに、どこでも、簡単に安く買えて、ネット通販は便利で、というのはひと昔前の豊かさの考え。
でももう今はちがう。
いくらモノがありふれていても、便利でも、心は虚しい。
現代人はなんでも疑わないと生きていけない。簡単に敵対するようになった。社会はさびしくなった。

信じ合う心、支え合う心、助け合う心、お互い様の心、それらが薄れてきている。

「心の豊かさ」を取り戻したい。いまこそCSA-Community Supported Agriculture(地域支援型農業)が必要だと感じる。

皆の共通の願い、「より良い地域社会で、心身ともに健康に暮らしていきたい」
それがCSA(地域支援型農業)の本質だ。

CSAとは何か、ひと言でいうと、「支え合い・助け合いの農業と地域社会」だ。

それを実現するために、有機農家としての私ができるのは、安全で良質な食べものを一生懸命作ること。

がんばるから、みんなに助けてほしい、支えてほしい、関心を持ってほしい。

本当の豊かさについて、CSAという考え方を知ることで、農家の私と一緒に少し考えてもらいたい。

つくば飯野農園 飯野恵理 2018/02/06
  • CSA-Community Supported Agriculture(地域支援型農業)って何?
CSA-Community Supported Agriculture(地域支援型農業)って何?
CSA-Community Supported Agriculture ってなんだろう?

うまく日本語に訳せない、というか、しっくりくる日本語が見つからないのだけど、
地域支援型農業とか、地域協働型農業とか、地域住民参加型農業とか、消費者参加型農業とか、そんな風に訳されていることが多い。


CSA-Community Supported Agricultureとは何か、

その概念を説明すると、
「CSAとは、地域の農家(生産者)と地域住民(消費者)が連携して、農家の経営安定と地域社会の発展を目指す、新しい地産地消型の農業の概念・仕組み・手法である」

その目標は、
「農家と消費者が経済的にも精神的にも支え合って、安全で良質な食べものと、皆が安心できる地域社会を作っていく」

その仕組みは、
①農家が農産物を生産するために必要なお金(予算)を、消費者会員は前払いで農家に渡す。
②農家は営農予算を得られるので、安心して農産物の生産に取り組める。(→経営安定につながる)
③できた農産物を消費者会員みんなでシェアする。(定期的に野菜セットとして分配)
④消費者会員は、農業体験や、援農もできる。(農家は助かる)
⑤いつの間にか、コミュニティーができる。
⑥個人個人が、地域の食と農、環境や社会福祉について、考えることができるようになる。


さて、つくば飯野農園(茨城県つくば市)は、このCSA(地域支援型農業)を2015年春から始めた。
この考え方を導入している農家は、日本ではまだ両手で数えられるくらい?しかないらしいが、
アメリカやヨーロッパ、中国・台湾・韓国などアジア圏では、一般に広く普及しているらしい。

日本ではなぜCSAは普及していないのか?
ずーっと疑問だったけれど、単純に、「皆が知らないから」だろう。

CSAはむずかしくはない。
みんな知らないから、なんだかよくわからない横文字を、勝手にむずかしそうと思っているだけ。

食と農を通した、「支え合い・助け合いの社会」を作っていくために、一人ひとりができることは何か、それはまず、「知ること」からだと思う。

これから皆にこの考えを知ってもらうために、興味を持ってもらうために、日々感じていることなどを書き綴っていこうと思う。

つくば飯野農園 飯野恵理 2018/02/06

WEB予約

つくば飯野農園へのお問い合わせ tel.080-6684-0205 tel/fax.029-869-9355 Mail Form

コンテンツ

WEB予約

有機野菜セットの分配日カレンダー

アクセスマップ

野菜紹介

  • 春野菜
  • 夏野菜
  • 秋野菜
  • 冬野菜

ご案内

CSA地域協働型の農業
つくば飯野農園
〒305-0025
茨城県つくば市花室911-1
アクセスマップ >>
【営業時間】
夏:8:00~18:00
春秋冬:10:00~17:00
【定休日】
不定休、お盆休み・年末年始休み

【つくば飯野農園】は、茨城県つくば市にある日本を代表する本格的CSA
Community Supported Agriculture地域協働型の農園です。おいしい旬の有機野菜セットを定期的に分配しています。(地域支援型農業)
またCSAの導入事例として広報・普及にも努めております。

  • mobile.080-6684-0205 tel/fax.029-869-9355
  • Mail Form

facebook

page top